芸術と科学

数学の「点」、芸術の「点」、だいちの星座の「点」

数学(ユークリッド原論)的な理解によれば、点には位置があるが部分はありません。一方で、私たちは「だいちの星座」の活動で地上に多くの点を描いてきましたが、それらの点は「それ以上細かく分けて使わないもの」または「長さや重さ、体積を持たない位置…

通信衛星と芸術

1967年6月25日、世界初の国際テレビ中継放送番組「われらの世界」(Our World)が24ヵ国で放送されました。この番組はイギリスBBCが中心となり、4つの通信衛星(Intelsat1,2-2,2-3, ATS-1)を利用し、5大陸14の放送局が協力(日本からはNHKが参加)して制作…

「写真」としての地球観測技術と芸術

「だいちの星座」は、地球を撮影する人工衛星を使い、その画像に写りこむことで巨大な地上絵を描くアートプロジェクトです。現代ではGoogleEarthやインターネットの地図サービスなどで衛星写真そのものは身近になっていますが、それらの衛星写真は利用者にと…

チェスリー・ボンステル

チェスリー・ボンステルというイラストレーターに注目しています。映画雑誌*1の中で、シド・ミードと対談した富野由悠季が両親からボンステル氏の絵を贈られ、ペンシル・ロケットが火星に立っている姿にゾクゾクしたエピソードが紹介されていました。ボンス…