読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭

展覧会・イベント

 このブログ記事を書いているタイミングは、茨城県にて「だいちの星座」が「ART KENPOKU 2016 茨城県北芸術祭」(2016年9月17日〜11月20日)に参加し、会場の一つである旧美和中学校(茨城県常陸大宮市高部454)にて「いばらきけんぽく座」を展示している最中です。参加作家人数が多く(85組100作品以上)、展示されているエリアも大変広いです。

 「だいちの星座」について茨城県北芸術祭の南條史生ディレクターは「Casa Brutus誌」(2016年8月号)のインタヴュー中で茨城県北芸術祭の柱の一つである「コミュニティーとの対話」が期待される作品として「だいちの星座」について短く触れていますが、私たちの活動の特徴をよく表しています。

 

「鈴木浩之+大木真人は、あちこちに電波を反射する板を置いて人工衛星から写真を撮ると星座になるという "だいちの星座" を地元の人たちと一緒に作ります。」

 

 2016年3月に現地調査を実施して電波反射器の配置候補地を探し、4月に地元の茨城大学にて学生ボランティア募集を行いました。6月には一般ボランティアへの説明会と電波反射器の製作を兼ねたイベントを開催し、8月11日に茨城県北地域全6市町で電波反射器を配置して人工衛星による撮像を実施しました。6市町にまたがり約300名が参加した大規模な撮像であったにもかかわらず地上に星座を描く活動は無事に完遂され「いばらきけんぽく座」が完成しました。多大なご支援をいただきました協賛企業各社・団体様、各地域毎に依頼したリーダーと地域住民の方々、茨城大学のボランティア学生・教職員の方々、アーカスプロジェクトなど多くの方々にご協力いただいています。

 9月17日の芸術祭初日以来、会場には「だいちの星座」に多くの参加者が来場して感想を聞かせてくれました。会期は残すところ一ヶ月ほどとなりました。皆様のご来場お待ちいたしております。

f:id:daichinoseiza:20161021145601j:plain

電波反射器制作ワークショップ(2016年6月12日/茨城大学日立キャンパス)

f:id:daichinoseiza:20161021145613j:plain

「いばらきけんぽく座」撮像日の地上の様子(2016年8月11日/高萩市さくら宇宙公園)

 

f:id:daichinoseiza:20161021145622j:plain

「いばらきけんぽく座」撮像日の地上の様子(2016年8月11日/常陸大宮市旧美和中学校)