つくば座・もりや座

 「だいちの星座」の活動は実施するそれぞれの町で新たなチャレンジをしてきました。茨城県つくば市守谷市での活動では「だいちの星座」として初めて参加者自らが活動にエントリーし、さらに参加者自らが電波反射器を作りその配置場所の決定もエントリーしたグループ単位で決定しています。2月21日(つくば市)、3月7日(守谷市)にそれぞれ実施された人工衛星からの撮像にはこれまで実施された「だいちの星座」の中で最も多くの参加者が集まり、両市の参加グループの合計も20チームとなりました。当日はあいにくの天候でしたが、電波を利用することで曇天下の観測が可能な「だいち2号」の働きと正確な地上の活動の実施により「つくば座」「もりや座」の2作品が無事完成しました。2つの作品は2015年4月18日〜5月23日にはアーカススタジオ(茨城県守谷市)を会場に、「だいちの星座プロジェクト -つくば座・もりや座- ドキュメント展」(主催:アーカスプロジェクト実行委員会、共催:金沢美術工芸大学、宇宙航空研究開発センター)にて発表され、同年8月にアートスペースキムラASK?(東京)、翌年9月にはソウル市のギャラリーSpace9(韓国)などでも展示されています。

 「つくば座・もりや座」はその後実施された「だいちの星座」の活動に大きな影響を与えています。参加希望者を募るエントリー方式は「かがやき星団」「いばらきけんぽく座」「よっかいち座」でも採用されました。参加希望者自らが電波反射器を作り、それらの電波反射器を自分の手で配置し撮像に臨むことが、「だいちの星座」の活動が新たな社会認識のツールとして機能した実感を獲得する支えとなっています。多数の参加者が活動を理解しつつ安全且つ円滑にプログラムに参加できた理由は、アーカスプロジェクトスタッフによる完璧なオーガナイズにあると言えます。特に企画者である石井瑞穂コーディネーターの熱意が「つくば座・もりや座」を後押しし「だいちの星座」を急激に成長させたことは間違いありません。レクチャーやワークショップの実施体制、エントリー受付と参加者への連絡、記録、広報に至るまで、様々な課題を解決していったことで、「つくば座・もりや座」は「だいちの星座」実施形態の原型となりました。

 

 「つくば座・もりや座」アーカスプロジェクトWEBサイト

<参加者募集>
http://www.arcus-project.com/jp/event/2014/ev_jp141219102823.html 

<ドキュメント展>
http://www.arcus-project.com/jp/event/2015/ev_jp150407123121.html