読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数学の「点」、芸術の「点」、だいちの星座の「点」

芸術と科学

数学(ユークリッド原論)的な理解によれば、点には位置があるが部分はありません。一方で、私たちは「だいちの星座」の活動で地上に多くの点を描いてきましたが、それらの点は「それ以上細かく分けて使わないもの」または「長さや重さ、体積を持たない位置」といった数学的な意味に限定されていません。「だいちの星座」で描かれた点を良く見ると四角形や十字形、流星形など様々な形を発見することが出来、描かれた点には部分があると言えます。

芸術における点の部分は、美術分野においては筆の先で描かれたキャンヴァス上の絵の具、音楽分野においては五線譜の音符にも見ることが出来ます。キャンヴァス上の絵の具を拡大して見れば、そこに色の広がる面積と形に加え厚みや光の反射など様々な「部分」を見ることが出来ますし、音符で指示された音階を複数の楽器で鳴らすと空気の振動の仕方が異なる様々な音色が聞こえ、やはり音符にも「部分」が隠れていることがわかります。

従来、芸術における点とは局所的な事象の表現を指す便宜的な呼称であったように思います。ある絵画上の点は青く渦巻く不穏な夜空を構成し、ある映画では一発の銃声が全体を支配しました。点と認識されてきた作品内の局所的な事象は、人の感性が基準となっていることが多く、点として言語化出来るその先には言語化が困難なほど微細な面積や形、伝搬する空気の振動等の変化が複雑に重なった世界が続いています。

私達は、高高度の視点を利用することで芸術作品における点の成り立ちを分析したいと考えています。大規模な地上絵制作において描かれる点の特異性を観察することで得られる知見を利用して、机の上やキャンヴァス上に描かれた点や音符が奏でられる瞬間に何が起こっているのかについて再発見することを目指しています。だいちの星座で描く「星」は地上に配置した電波反射器やアルミ蒸着シートを纏った人そのものが反射した電波を人工衛星が捉えた「部分」が集まって記録されたデータです。また、アンテナを用いて人工衛星からの電波を受信する20秒ほどの時間を共有する体験もまた点を記録するプロセスに現れる部分によって成立しています。私達はだいちの星座を通じて芸術における点が位置と共に部分を備えていることを示すと共に、数学的な理論(つまり部分を持たない点の理論)によって構築された地球観測システムによって点を描いています。私達は参加者らと共にだいちの星座の活動を通じて、数学の「点」と芸術の「点」の違いを内包した新たな点の発見を試みます。